ユキヒョウ家系図作成プロジェクト〜グレート・ロッキーから繋がる系譜〜

1983年
「昭和59年10月飼育(♂グレート、♀ロッキー)を開始。」
1987年
「昭和62年4月27日に♂1、♀1を出産。
(社)日本動物園水族館協会からその種の初の繁殖に対して贈られる「繁殖賞」を受賞。」

「日本の動物園で初めてユキヒョウの赤ちゃん誕生。」

出展情報:円山動物園

 

この赤ちゃんがアクバルの”ひいおばあさん”であることがわかりましたか?

系譜と「個体カード」を見ると
最初のユキヒョウから今いるユキヒョウまでの繋がりが見えたり、
・繁殖のために、いろんな動物園に移動する?
・時代とともに、ユキヒョウの数も、減ってる?

など、いろいろなことが見えてくるかも?

個体カード 17ページ下

 

ユキヒョウ家系図作成プロジェクト〜グレート・ロッキーから繋がる系譜〜」の家系図が完成して、2021年10月23日、世界ユキヒョウの日に、円山動物園に寄贈されました。

円山動物園で、日本で最初に繁殖成功したグレート、ロッキーの子供から、現在円山動物園にいるアクバルが、一本のルートであらわされており、わかりやすくなっています。
また、アクバルの3頭の子供たち、2頭の孫たちもあります。

さらに、もうちょっと詳しく知りたいな。ってなった方は、隣に個体カードがあるので、そちらもぜひ見て見てください。かなりのボリュームで、楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください